カジノとゲーム業界  –  ここ数年間の発展

ここ数年、日本のカジノとゲーム業界は数十億ドル規模へと発展しました。オンラインカジノ市場も成長しており、未開拓の大きな可能性を秘めているのが魅力です。

これら3つの分野はまだ初期であると言えますが、ゲームやギャンブルにおける全体的な収益に関しては、現在日本は最大の市場の1つであると認めざるを得ません。

それでは、日本がどのようにして市場の牽引役になったか、そしてこれらの産業がどのように発展してきたかを見ていきましょう。

ギャンブル市場

2016年、日本の議員たちはポーカーやルーレット、ブラックジャック、その他のカジノゲームへの道を切り開き、長年にわたるギャンブルの禁止を撤廃する法律を可決しました。何年もの間、日本の税務当局や企業は、マカオとシンガポールのギャンブル市場が海外、特に中国からのギャンブラーを魅了する様子を指をくわえて見てきました。

日本は現在、中国人観光客向け観光業がブームとなっており、カジノは投資を現金化するための付加価値や手段となり、業界の潜在的価値は年間400億ドルにも上ると推定されています。

一方、世界中のカジノ経営者も利益を得るチャンスがあると考えています。カジノオーナーの多くは、この国にカジノリゾートを建設するために数十億ドルを投資したいと考えています。近隣諸国との激しい競争の中で、日本はゲーム分野をより強化するでしょう。また、驚くべきことに、国内のパチンコ業界は常に好調で、現在は1,900億ドルの価値があります。

Gambling market

ゲーム業界

ゲーム業界に関して言えば、日本は世界第3のゲーム市場です。日本のゲーム産業は1960年代に始まりました。バブル経済の最中に、ソニック・ザ・ヘッジホッグ、パックマン、マリオなど、有名なゲームが開発されました。

これらはすべて、今日のゲーム業界に大きな影響を与えました。実際、これらのレトロゲームは今でもプレイすることができます。さらに、バンダイナムコ、カプコン、スクウェア・エニックス、セガ、ソニー・プレイステーション、任天堂など、有名なゲーム会社はすべて日本の企業です。

最近、日本のゲーム業界はモバイルゲームにシフトしています。高速インターネット、5G、優れたモバイルデータプランの登場により、従来のゲームよりもモバイルゲームを選択するユーザーが増えています。理由は簡単です。好きなゲームを楽しむために、コンピューターやPC、ゲーム機に縛られる必要がないからです。